葉酸不足はリスクが高まります!

女性は妊娠をすることで、体は様々な変化を迎えることになり、赤ちゃんのためにも多くの栄養を摂ることが必要となります。

 

特に、妊娠前、妊娠中に取り入れたい栄養素が葉酸です。

 

葉酸とは、どういった栄養分かというと、ビタミンB群のひとつ。葉酸には、どういった効果があるのかというと、赤血球を作りだすためにとても大切な成分となります。

 

あまり知られていませんが、赤血球は、通常4カ月程度で死滅するもの。そのため、次から次へと赤血球を作りだすことが必要となります。

 

その時、体の中に葉酸が足りない状態となっている場合には、正常な赤血球を作ることが出来なくなってしまい、体に害を及ぼしてしまうことがあります。

 

 

 

妊娠中にはお腹の中で赤ちゃんを育てていく必要がありますから、葉酸は欠かせない栄養素となります。

 

葉酸を摂取しておくことで、胎児に神経管欠損などというリスクなどを抑える効果もありますから、しっかりと取り入れておきたい栄養素といえるでしょう。

 

また、葉酸は動脈硬化の予防をしたり、貧血の予防、心臓病の予防、子宮頸がんの予防などにもおすすめなんですよ。女性の場合には、貧血持ちの方も多いと思いますが、そういった方も葉酸を取り入れていくことで、貧血予防を行うことが出来ますからおすすめですよ。

 

もちろん、男性の貧血持ちの方でも効果がありますから、ぜひ取り入れておきたい栄養素となります。

 

 

 

妊娠中や妊娠の可能性がある方は、葉酸(1日400μg)以上の摂取が望ましいと言われています。

 

葉酸は、ほうれん草などの食品にも含まれている栄養素となりますが、毎日、沢山のほうれん草は摂ることは大変です。また、葉酸は水溶性ビタミンの為に、加熱によってその多くを失ってしまうので調理した場合は、驚くほど葉酸は摂取できていないのが現実です。

 

その為、厚生労働省が推奨しているように、サプリでしっかりと葉酸を取ることが、元気な赤ちゃんの為にも必要です。

葉酸サプリ【おすすめランキング】